2021年12月31日、MicrosoftOffice Openライセンス販売が終了します

2021年12月31日でOfficeOpenライセンスは販売終了となります

Openライセンスの購入について

企業向けPCでは、Officeはプレインストールやパッケージではなくライセンス購入をしているケースが多いのではないでしょうか。
Openライセンスの販売が2021年12月で終了となります。

Openライセンス終了後は?購入はどうなる?

2022年以降は、Software in CSPまたはOpenValue/OpenValueSubscriptionプログラムで購入が可能となります。

Microsoft CSPとは

Microsoftが提供しているアプリやサービスを販売管理するためのクラウドの仕組みです。
サブスク型であるMicrosoft365(Office365)やAzureの購入だけではなく、Office永続ライセンスについても購入することができます。
また、Openライセンスは新規購入する際は、3ライセンス以上購入する必要がありましたが、CSPでは1ライセンスから購入が可能です。

納品形式も変わります。
Openライセンスはライセンス購入手続きが完了すると、ボリュームライセンスサービスセンター(VLSC)にサインインしてプロダクトキーやインストールソフトウエアをダウンロードしましたが、CSPの場合は、Microsoft365AdminCenter(Microsoft365管理センター)で組織・ユーザーの管理やサブスクの管理が可能となります。
<参考URL>
Microsoft365管理センター

Officeバージョンとサポート期限は?

Officeのサポート期限は購入のタイミングにかかわってきますので、PC調達担当者にとっては重要になってくると思います。
現在最新のバージョンはOffice2019です。
また、現在サポートが有効になっているOfficeバージョンは以下の通りです

バージョン 延長サポート期限
Office2019 2025/10/14
Office2016 2025/10/14
Office2013 2023/04/11

Office2010より以前のバージョンは既にサポート期限が終了しています。
<参考URL>
Microsoft製品、サービスのライフサイクル検索はこちら
Officeにはサポート期限があります

Officeの新バージョン2021

Officeの新バージョンは「Office2021」であり、2021年中にリリース予定となっています。今まで通り1回限りの購入モデルで5年間のサポートがついています。
<参考URL>
コンシューマーと小規模ビジネスのための Office 2021

Openライセンス値上げでCSP購入を推奨

2021年12月まで今までどおり購入できるのであれば、購入方法を変えなくてもいいか。と思いがちですが、マイクロソフトとしてはCSPへ移行をすすめたい向きがあるようです。
2021年2月18日にマイクロソフトが発表したブログには、「Office Professional Plus、Office Standard、および個々のアプリの価格は一般提供開始時に最大 10% 引き上げとなる予定です。」との記載があります。CSPの価格が変わるという記載は見当たりません。
2021年8月時点では価格改定はありませんが、この先値上げとなることがわかります。
つまり、Openライセンス販売を一日も早く終息し、CSP販売に一本化したいことの現われでしょう。
<参考URL>
Microsoft365ブログ(近日開始予定の Microsoft Office LTSC 商用プレビューについて)

まとめ

2022年以降に購入する場合は、CSPからしか購入することはできませんが、年末までに購入予定の場合は、どちらでも関係ないと考えている方も多いと思います。もちろんどちらからも購入は可能ですが、価格が変わるのであれば、CSPから購入したほうがお得、ということになりそうです。

ここまで当たり前のように利用しているOfficeからはもう離れることはできませんから、永続ライセンスがいつまであるのか、いずれは全てサブスクになってしまうのかも含めて、気になるところではあります。
ですが、徐々に利用者の選択権は狭まっているように思います。マイクロソフトの戦略に身を委ねるしかないのが実情です。


私たちは、今までにないPCキッティングのアウトソーシングの新しいカタチ、キッティングサービスKitPost(きっとぽすと)を運営しています。
キッティング代行・マスターPCを使ったクローニングもお任せください!
情シス担当者様をご支援・サポートしたいと考えています。

キッティングに関するご相談がございましたら、ぜひお気軽にお問合せください。

山梨ニューメディアセンター

TEL:055-231-3063
Mail:nmcei@y-nmc.jp