WindowsServer2022の提供開始は2021年9月1日

WindowsServer2022提供開始

WindowsServer2022リリース情報

WindowsServer2022提供開始は2021年9月1日からスタートします。
マイクロソフトのライフサイクルサイトによると、WindowsServer2022は2021年8月18日から既にサポート開始となっています。
提供開始は2021年9月1日からとなります。
WindowsServer2022は長期サービスチャネルとなります。メインストリームサポート期限は2026年10月13日まで、延長サポート期限は2031年10月14日となっています。

WindowsServer2022新機能

マイクロソフトのドキュメントサイトによると「セキュリティ、Azure ハイブリッド統合および管理、アプリケーション プラットフォーム」について技術革新が実現したという記載があります。

<参考URL>
Windows Server 2022 の新機能
WindowsServer2022リリース情報

WindowsServerのリリース情報

WindowsServer2022以降は長期サービスチャネルとなっていますが、今までにリリースされた半期チャネルについても引き続きサポートが継続されます。

WindowsServerリリース バージョン 可用性 メインストリームサポート終了日
WindowsServer2022長期サービスチャネル 21H2 2021/08/18 2026/10/13
WindiwsServer20H2半期チャネル 20H2 2020/10/20 2022/05/10
WindowsServer2004半期チャネル 2004 2020/05/27 2021/12/14
WindowsServer1909半期チャネル 1909 2019/11/12 2021/05/11
WindowsServer2019長期サービスチャネル 1809 2018/11/13 2024/01/09
WindowsServer2016長期サービスチャネル 1607 2016/10/15 2022/01/11

<参考URL>
Windows Server のリリース情報
WindowsServerサポート終了日

WindowsServerのサポート終了とMicrosoft365アプリ

Microsoft 365 アプリは、現在サポートされている Windows オペレーティング システム上で使用する必要があります。Windows Server のさまざまなバージョンでの Microsoft 365 アプリのサポートは以下の通りです。

Serverバージョン サポート終了日 Microsoft365アプリ使用
WindowsServer2008 R2 2020/01/14 サポートされていません
WindowsServer2012 2023/10/10 サポートされていません
WindowsServer2012 R2 2023/10/10 サポートされていません
WindowsServer2016 2027/01/12 2025/10までサポートされます
WindowsServer2019 2029/01/09 2025/10までサポートされます。

<参考URL>
Windows Server のサポート終了と Microsoft 365 アプリ

まとめ

OSやOfficeも同じですが、どのタイミングで新しいVersionにするのかについては、サポート終了日や関連するアプリなどのサポート期限も含めて検討しなければなりません。
状況によっては提供サービスから突然、ライフサイクル終了の発表がされることもあり、予期せぬリプレイスの検討が必要になる場合もあります。
その一方で、社内の各部門への説明や調整もしなければなりません。
正確な情報、最新情報をいかに早く入手できるか、ベンダーとの繋がりやコミュニケーションも重要です。


私たちは、今までにないPCキッティングのアウトソーシングの新しいカタチ、キッティングサービスKitPost(きっとぽすと)を運営しています。
キッティング代行・マスターPCを使ったクローニングもお任せください!
情シス担当者様をご支援・サポートしたいと考えています。

キッティングに関するご相談がございましたら、ぜひお気軽にお問合せください。

山梨ニューメディアセンター

TEL:055-231-3063
Mail:nmcei@y-nmc.jp