Windows11へのアップグレード対象PCの提供範囲が拡大。

Windows11へのアップグレード対象PCの提供範囲が拡大

最新機械学習により、アップグレード対象デバイスが拡大

Microsoftは2021年10月27日(現地時間)にWindows11の提供範囲を拡大することを発表しました。

MicrosoftWindows11のリリース情報サイトでは、最新世代の機械学習モデルを活用して、Windows11へのアップグレード対象となるデバイスの提供範囲がWindowsアップデートにより、可能となった事を伝えています

MicrosoftWindows11release-health(2021.10.27)
MicrosoftWindows11release-health(2021.10.27)

<参考URL>
MicrosoftWindows11リリースサイト

最新機能やセキュリティ保護のためWindows11を推奨

更に、Windows11の最新機能とセキュリティの脅威からの高度な保護を利用するには、デバイスをWindows11にアップグレードすることを推奨しています。
Windows10を利用している場合は、Windows11の仕様や機能、PCの要件を確認しアップグレードの判断を行ったうえで、アップグレードをするように説明しています。

まとめ

企業PCの場合は業務系ソフトや機器の状況によるため、急いでWindows11にするケースは少ないと思います。
ただ、Windows10サポート期限ができてしまったことで、2025年10月までにはWindows11へ移行しなければなりませんので、事前の調査や検証が必要になります。
また機器入替のタイミングや状況によってはWindows10からアップグレードするというケースもでてくるため、今後の機器選定にも気を配る必要がありそうです。

Windows11関連のおススメ記事

既存のWindows10PCがWindows11にアップグレードできるか(PC正常性チェック)Microsoftがサイトを再開しました

Windows11は10月5日から提供開始

Windows10のサポート終了とWindows11アップデートのタイミングについて


私たちは、今までにないPCキッティングのアウトソーシングの新しいカタチ、キッティングサービスKitPost(きっとぽすと)を運営しています。
キッティング代行・マスターPCを使ったクローニングもお任せください!
情シス担当者様をご支援・サポートしたいと考えています。

キッティングに関するご相談がございましたら、ぜひお気軽にお問合せください。

山梨ニューメディアセンター

TEL:055-231-3063
Mail:nmcei@y-nmc.jp